このページをシェアする

STePP技術検証プロジェクトの成果

STePP技術検証プロジェクトの成果

サステナブル技術普及プラットフォーム「STePP」技術検証プロジェクト:
アフリカ・アジアのコロナウイルス等感染症対策へ日本企業の技術活用

2020年11月、国連工業開発機関(UNIDO)は、日本政府(外務省)から約4.32億円の拠出金を受け、「開発途上国の感染症予防に向けたSTePP技術の実証・移転による海外日本企業支援事業」を開始いたしました。UNIDO東京事務所は、開発途上国の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や様々な感染症対策に役立つ技術や技術研修を提供する日本企業約10社を採択し、その活動を支援しています。本ページでは、各国におけるプロジェクトの成果を紹介します。

下記の国別ページよりプロジェクトの詳細をご確認ください。               

アフリカで実施中のプロジェクト

ケニア マダガスカル モロッコ ナイジェリア セネガル ウガンダ

アジアで実施中のプロジェクト

インド インドネシア モンゴル ミャンマー ネパール ベトナム

 

*下表にて、各対象国プロジェクトにおける実証・移転技術名と実施企業名をご確認ください。

技術 (50音順) 企業名 実証・技術移転対象国 
移動式診察設備 TSP太陽株式会社 ケニア
医療廃棄物焼却炉 株式会社キンセイ産業 ケニア
中和機工株式会社 マダガスカル
セネガル
血液検査装置 株式会社テクノメディカ ナイジェリア
抗菌塗装 丸昌産業株式会社 ケニア
モンゴル
ネパール
消毒液 株式会社光と風の研究所 インドネシア
テリオステック株式会社 セネガル
消毒液製造プロセス自動化 サラヤ株式会社 ウガンダ 
浄水器 株式会社トロムソ ベトナム
Jトップ株式会社 インド
食品工場用電解水 AGC株式会社 ベトナム
生活排水処理施設 日之出産業株式会社 モロッコ
地下水ろ過設備 三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社 ミャンマー