このページをシェアする

インターンシップ

インターンシップ

インターンシップ -大学院生対象-

UNIDO東京事務所では、職員と共に様々な活動を実施していただけるインターンを募集しています。国内外の大学院生や社会人経験者など多様なバックグランドを持つ方をお待ちしています。国際機関の活動をじかに触れることができる貴重な機会になり、またインターンシップを経て活動への関心が高まり、国際機関で活躍している人もたくさんいます。皆さんのご応募をお待ちしています!

応募資格 1)開発途上国の産業開発に高い関心をもち、意欲や責任感が旺盛なこと
2)日本語・英語の両方による会話および文書作成能力があること
3)基本的なPCスキル(MS Word、Excel、電子メール等)を持っていること
業務内容

UNIDO東京事務所が実施する活動において、以下の業務を担当および補助。
・日本におけるUNIDOの広報活動補助(ウィーン本部サイト掲載記事の翻訳作業)
・デレゲート・プログラム等で来日した招聘者の活動支援
・イベント、セミナー等の企画・準備・運営(受付業務含む)
・イベント、セミナー等終了後の活動報告書(日・英)作成
・広報誌やウェブサイトの作成補助
・環境技術データベースへの情報登録や関連する企業との調整
・開発途上国の投資ビジネス環境・環境技術ニーズに関する調査・情報収集

期間 1~3ヵ月程度(※短期間でも検討しますので、期間についてはご相談下さい)
時間 09:30~17:30(月~金)フルタイム (※詳細は応相談)
場所

UNIDO東京事務所 国連大学本部ビル8階
東京メトロ表参道駅 B2出口から徒歩5分 または 渋谷駅から徒歩10分

条件 無給
応募方法

関心のある方は、以下の書類を記入の上、UNIDO東京事務所宛てにメールにて送付下さい。

1.履歴書(日本語と英語の両方で、形式自由)
2.職務経歴書(日本語と英語の両方で、形式自由)
3.志望動機や関心分野等を記載した自己紹介文(日・英A4サイズ1枚程度、形式自由)

書類選考の上、面接日をお知らせします。メールにて連絡しますので、必ずEメールアドレスを明記下さい(応募書類は返却しません)。

注意事項

インターン生採用にあたり、以下の点を考慮して決定します。

①現在、大学院に所属している(社会人経験のある方を優遇します)
②1~3ヵ月程度勤務できる(長期間できる方を優遇します)
③フルタイムでの勤務が可能(月~金、09:30~17:30)

条件に合わない方も相談可能ですので、その旨、応募書類に記載下さい。
ただし、インターンシップ希望者多数の場合、①~③の条件を満たしている方を優先します。

担当から
一言

UNIDO東京事務所は、日本から開発途上国へ向けた投資・技術移転を促進する活動を行っており、日本企業の海外展開を支援しているユニークな国際機関です。民間企業での社会人経験を持ち国連の活動にご関心のある方、また、民間セクター開発・中小企業振興・環境エネルギー・貿易投資促進などの分野で途上国支援・国際協力に関わりたい方などにとって、UNIDO東京事務所でのインターンシップは貴重な機会になると思います。皆さんのご応募をお待ちしています!

連絡先 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53-70 国連大学本部ビル8階
国際連合工業開発機関 東京投資・技術移転促進事務所
E-mail: itpo.tokyo@unido.org / TEL: 03-6433-5530
担当: 村上、ゲレゲン

 

 

中山綾子さんのUNIDOでのインターン体験談が『国連フォーラム』に紹介されました。

http://www.unforum.org/internships/75.html

 

 

 

青木亮隆さんのUNIDOでのインターン体験談が『国連フォーラム』に紹介されました。

http://www.unforum.org/internships/76.html

 

 

インターンの声

UNIDO 東京事務所でのインターンで特に私が実感したのは、日本の技術力の高さと開発途上国・新興国からの日本の技術への需要です。それゆえに、このシーズとニーズをつなぐUNIDO 東京事務所の果たす大きな役割というのを痛感しました。また、投資・技術移転の促進と言う観点から複数のアプローチで国際貢献を目指すUNIDO 東京事務所での仕事を通して、国際貢献にも様々な関わり方があることを学び、自分の将来の選択肢を広げることができました。どちらも実際に経験してみないと分からないことだったので、1ヶ月間という短期間でしたが、とても良い勉強になりました。(Y.Y. 2018)

約3ヶ月間のインターンシップを通して、セミナーやイベントの支援、PR資料作成やウェブサイトの管理など多岐に渡る業務を経験させていただきました。いずれの業務においても職員の皆様から適切な指示、サポートをいただけたため、毎日非常に多くの事を学ぶことができました。あっという間でしたが、UNIDOの業務内容、組織概要、他機関・民間セクターとの関わりや、国連組織でのキャリア形成に関する知識を深めることができ、大変貴重な時間を過ごすことができました。(H.T. 2018)

インターン期間中は数多くの機会に恵まれ、年次報告書の作成支援やセミナー補助等の業務に携わることができました。それらの業務を通して、産業開発による途上国支援の必要性や、UNIDOの在り方に理解を深めると同時に、その最前線にも触れることができたのは非常に興味深い経験でした。加えて、多様な背景を持ったUNIDO職員の方々から学べることも多く、特に将来のキャリア構築に関するインサイトが多く得られたことが貴重な財産です。例えゴールが国際機関での勤務でなくとも、非常に有意義な経験でした。(K.K. 2018)

約3ヶ月の間、UNIDO東京事務所でインターンシップをさせていただきました。業務内容としては、年次報告書やウェブサイトの掲載記事等の資料作成、大使館プログラムといったイベントの運営補助が挙げられます。中でも、日系企業と海外の専門家による商談の席において通訳としてサポートするお仕事は、大変貴重な経験となりました。これらの業務を通して、UNIDOが推進する包摂的、持続的な産業開発に関して理解が深まっただけでなく、国連を目指すというキャリアパスがより具体的になりました。(Y.A. 2017)

UNIDOでのインターンは民間企業での勤務とはまったく異なる経験となりました。より踏み込んで言えば、民間と国際機関では求められるスキルセットとマインドセットが違うのだということを学びました。(理論的には)利益追求を是とする私企業と、公益に資することを理念とする国連では、働き方も求められるものも異なってきます。そのなかでも、私が得た最大のものは「高い倫理観」であることをここに記し、それを以って「インターンの声」と代えたいと思います。(K.I. 2017)

インターンでは、セミナーやスタディツアーの補助業務を担当し、中東、アフリカ、中南米、アジアより訪日する方々と接する機会に恵まれ、各国の方々の話を聞く中で、UNIDOが促進する技術移転や環境に配慮した産業開発の重要性を実感することができました。また、アフリカアドバイザー事業のパンフレット制作やメディア対応など、興味のあった国連の広報活動も経験できました。UNIDOの皆さんから国連勤務へのアドバイスも頂き、今後のキャリアプロセスを具体化する大変貴重な機会となりました。(A.N. 2017)

7週間のインターン期間中、UNIDO東京事務所が行う各イベントやセミナーの準備・運営補助を経験させていただいた他、年次報告書の作成支援にも関わることが出来ました。インターンシップへの参加を通じ、UNIDO東京事務所が行うアフリカアドバイザー事業や中南米地域に対する投資促進支援事業についても理解が深まるなど、期間を通じて学ぶことが多く、毎日が大変有意義でした。高い専門性を持った職員の皆様とお仕事をご一緒することが出来、自分自身の今後のキャリア形成の上でも大変勉強になりました。(C.H. 2017)

インターン期間中は、日本企業と在京大使館が参加したテクノロジー・デーの補助業務など、技術移転に係る様々な業務を経験させていただきました。その中で、日本企業側と途上国側との橋渡しをするUNIDO東京事務所への大きな期待と担うべき重要な役割を学びました。また、強い使命感と広い視野を持って途上国をダイナミックに駆け回る職員の皆様と共に働くことで、国際機関で働く意義とやり甲斐を知り、今後のキャリアパスや自身の将来を改めて考える貴重な機会となりました。(A.S. 2017)

約2ヶ月間、UNIDO東京事務所でインターンを経験させていただきました。セミナーやキャリアフェアでは事前準備や運営補助を行い、海外から招聘された専門家と日本企業のビジネスを斡旋する催しでは商談をサポートするために同席しました。また、大使館プログラムでは各国の外交官と対話する貴重な機会にも恵まれました。他にも、リサーチ補助やウェブサイト管理に従事しました。UNIDOが他機関や民間企業とどのように関わりwin-win関係を構築していくのか、産業開発支援の最前線に直に触れ、関連業務に携われたことは貴重な財産です。(Y.I. 2016)

インターン生として、セミナーや関係機関との会議への参加、大使館プログラム等の業務に携わりました。活動を通じて、途上国の産業開発という観点で、日本企業が持つ可能性や、その両者を繋ぐ東京事務所の役割を大いに学ぶことができました。また、期間中に、アフリカからの留学生が数多く参加したネットワーキングイベントに参加しました。イベントの中で、自国の発展のために日本で学ぶ留学生と交流ができ、今後の自身の大学院での学びへの大きなモチベーションとなりました。(T.K. 2016)

3ヶ月の東京事務所でのインターンは、国際機関での仕事を将来得るための重要な足掛りとなりました。具体的には、環境技術展への出展、ウェブサイトへの掲載記事の執筆、各種セミナーや会議への参加、そして種々リサーチ活動等に携わりました。インターンを通じ、国際機関職員との知己を得られたことも大きな収穫です。また、UNIDOの果たす包摂的かつ持続可能な産業開発への理解を深め、さらにそこから国際開発や支援のあり方に対する多様な視点を得る機会となりました。(K.T. 2016)