Print

2015国際ロボット展(大使館視察プログラム)

UNIDO東京事務所は2015年12月2日、東京ビッグサイトで開催された『2015国際ロボット展』の併設企画として、日刊工業新聞社の協力のもと、駐日大使館向けに展示会視察プログラムを開催しました。

このプログラムにはアジア、アフリカ、南米など20ヵ国の駐日大使館から、大使を含む計27名の外交官が参加しました。

展示会視察に先立ち、出展者との間で交流会の機会が設けられ、名刺交換を通じてネットワーク作りが行われました。

展示会視察では主催者である日刊工業新聞社のコーディネートによって4箇所のブースを訪問し、出展企業・団体の方々より最新のロボット技術をご紹介いただきました。

フリータイムには各国外交官は思い思いに展示会場内を巡り、日本の産業ロボット、サービスロボットの優れた技術を直接体験しました。各国の社会や産業の状況によって視点は異なるものの、日本のロボット関連企業・研究機関との連携による自国産業の発展に期待が高まっていました。