このページをシェアする

モーリシャス

モーリシャス

UNIDO東京事務所は、2019年6月2日(日)から8日(土)まで、モーリシャス経済開発庁(EDB)より海外戦略事業部マネージャーのラダクリシュナ・ニーライヤ氏を招へいしました。また、同部よりアルヴィンド・ラダクリシュナ部長も来日し、全行程に参加しました。

プロフィール

モーリシャス経済開発庁(EDB)は首相府直轄の政府機関で、モーリシャスの経済計画の策定や投資・貿易促進を担っています。ニーライヤ氏は13年余にわたり投資誘致に携わり、同国への投資誘致のほか、新規投資・貿易市場の開拓、経済外交の国内調整を行っています。また、EDB国外拠点のマネジメントに加え、近年は、日本企業へのPRを目的に来日を重ねています。

滞在中の主な活動

滞在中は、モーリシャスでの事業展開に関心を持つ日本企業や関連団体との個別面談を行い、最新のビジネス環境や投資機会を紹介しました。また、6月5日に東京で開催された「モーリシャス 投資・ビジネスセミナー」において講演したほか、モーリシャス経済開発庁(EDB)の駐在員事務所を東京に開設するため、事務所候補地への訪問や採用活動も行いました。

関連資料

モーリシャス: アフリカ進出への戦略的パートナー

モーリシャスの投資プロジェクトについて

お問合せ

UNIDO東京事務所(担当:重松)
Tel: 03-6433-5520
E-mail: itpo.tokyo@unido.org

  • EDBのラダクリシュナ・ニーライヤ氏(左)及びアルヴィンド・ラダクリシュナ氏