Print

バングラデシュ、ミャンマー、南アフリカ

UNIDO東京事務所は、11月10日~15日、バングラデシュ、ミャンマー、南アフリカの3カ国から水道事業の専門家を日本に招聘しました。

3カ国の代表は、11月12日~14日、東京ビッグサ イトで開催された「グリーン・イノベーションEXPO2014(GIE)」のUNIDOブースにて日本企業と個別面談を行ったほか、11月13日に同展示 会場内で開催された「新興国における上下水道の整備状況とビジネスチャンス」セミナーで、各国の給水事情や、水需要の増加に対する取組み、進行中・計画中 の具体的なプロジェクトなどを紹介しました。

 

 

ラタン・クマール・サルカー氏 Mr. Ratank Kumar Sarker 【バングラデシュ】

チッタゴン上下水道公社 副総裁(エンジニアリング担当) web Bangladesh

1983年 バングラデシュ工科大学機械工学科卒。バングラデシュ交通省鉄道局に入省
2007年 チッタゴン科学技術大学経営学修士課程終了。2010年、行政省に異動
2011年~チッタゴン上下水道公社に異動、エンジニアリング担当の副総裁を務める

 

 

ティン・ルウィン氏 Mr. Tint Lwin 【ミャンマー】

マンダレー市開発委員会 建築局長 (前・給水衛生局長)DSCF2693 web myanmar

1980年 ヤンゴン工科大学土木工学科卒
1981年 マンダレー市開発委員会にエンジニアとして入職以来、
    一貫して水道行政に携わる
2011年~給水衛生局長を務め、2014年9月に建築局長に異動

 

 

ツェポ・マケネ氏 Ms. Thepo Makhene 【南アフリカ】

アフロリンク社 代表 web South Africa

南アフリカの貿易産業省に15年間勤務した後、2014年4月にコンサルティング業で独立。
2009年から2013年まで、在京南アフリカ共和国大使館にて参事官(経済)として活躍。