Print

ザンビア

UNIDO東京事務所は、2014年10月20日(月)から24日(金)まで、ザンビア開発庁 (ZDA)より、フランシス・チコンデ氏を投資・技術移転促進専門官として招聘しました。

プロフィール

チコンデ氏は、ZDAの投資促進官として、投資環境の情報提供、投資ライセンス申請、各省への申請許可支援など企業のサポートを通じた国内外からの投資拡大促進業務全般に従事。また、アフターケア・サービスとして投資後の企業支援を通じた長期的投資の促進に注力しています。
  

滞在中の主な活動

滞在中は、農業、インフラ、製造業、科学技術、環境技術を中心に、ザンビアでの事業展開に関心を持つ日本企業や関連団体との個別面談を行い、最新の経済状況やビジネス投資環境、ビジネス機会等をご紹介しました。
  

ザンビアでのビジネスチャンス

ザンビアは、独立以来政治的に安定しており、民主主義も定着しています。経済も2004 年以降は6~7%と高度成長を実現しており、銅をはじめとする鉱物資源に恵まれています。近年は鉱業の高付加価値化、農業、製造業など鉱業以外の産業も振興し、産業の多角化を図っています。
  

ザンビアに投資するべき10の理由

1.安定した政治システム
2.海外投資家に開かれた環境
3.投資への保障
4.魅力的な投資奨励措置
5.国際基準の銀行、法務、保険サービス
6.豊富な天然資源
7.周辺諸国、EUおよびUSA市場へのアクセス
8.活発な民間セクター
9.利益の100%を本国送金可能、外貨送金の規制なし
10.働きやすく住みやすい国
  

担当: 今津

>「ゆにわーるど 2014(III) vol.48」(p. 3)にチコンデ氏のインタビュー記事が掲載。