Print

エチオピア

UNIDO東京事務所は、2013年11月25日(月)から12月10日(火)まで、エチオピア投資庁(EIA)より、アクリル・ウォルデマリアム・ハブテ氏を投資・技術移転促進専門官として招聘しました。

アクリル氏は、EIAの投資促進局長として、投資対象の選定、投資前準備業務やアフターケア、投資家への顧問業務などを含む投資促進活動全般のマネジメントに従事しています。滞在中は、エチオピアでの事業展開に関心を持つ日本企業や関連団体との個別面談を行ったほか、在日本エチオピア連邦民主共和国大使館と、独立行政法人日本 貿易振興機構(JETRO)の共催により、12月5日(木)大阪、同6日(金)常滑で開催された「エチオピア・ビジネス投資セミナー」では、最新のエチオピアの投資環境やビジネス機会を紹介しました。また、今回のアクリル氏の招聘に併せ、UNIDO東京事務所のアドバイザーとしてエチオピアで活動しているタデッセ・セグニ氏も来日し、エチオピアへの投資・技術移転促進活動に参加しました。

12月5日 大阪  12月6日 常滑

担当:今津、宮田