Print

モザンビーク

UNIDO東京事務所は、2013年4月8日(月)から 19日(金)まで、モザンビーク投資促進センター(CPI)よりケンワッティ・ムアンド氏を投資・技術移転促進専門官として招聘しました。

ムアンド氏は、CPIのプロジェクト・マネージメント部に所属し、プロジェクト評価、進出企業へのアフターケア、投資拡大促進業務等に従事しています。 同氏の招聘は、昨年に引き続き2度目となります。 滞在中、モザンビークでの事業展開に関心を持つ日本企業や関連団体との個別面談を行い、最新のモザンビークの投資環境や、鉱業、インフラ、農産品・水産品加工を中心とする分野におけるビジネス機会を紹介したほか、独立行政法人国際協力機構(JICA)とUNIDO東京事務所が主催する「モザンビーク投資セミナー」(4月16日(火)14時-16時30分 (株)国際協力銀行 9階講堂)に参加しました。

担当:今津、宮田