Print

在京大使館プログラム:ダイムラーグループ会社訪問

UNIDO東京事務所は、途上国の在京大使館員を対象としたキャパシティ・ビルディング(能力開発)のプログラムとして、9月25日(木)に三菱ふそうトラック・バス株式会社川崎製作所を訪問しました。

本プログラムは、川崎市やダイムラーグループ(メルセデス・ベンツ日本株式会社、ダイムラー・ファイナンシャルサービス日本株式会社、三菱ふそうトラック・バス株式会社)のご協力により実現いたしました。

駐日外交団に対して、川崎市の環境に配慮した産業政策や、エコ・ハイブリッドトラックなど日本が有する最先端の製造技術や環境に優しい技術を紹介し、官民連携による産業発展のモデルケースとなるよう、相互の対話を推進することをねらいとしています。

今回のプログラムには18ヶ国の大使館から参加があり、熱心に見学されました。

概要

日 時 2014年9月25日(木)13:30-16:00
場 所 三菱ふそうトラック・バス株式会社 川崎製作所
共 催 UNIDO東京事務所、川崎市、ダイムラーインジャパン
参加国 ベニン、ブルキナファソ、コンゴ、ジブチ、ドミニカ、ガーナ、インド、イラン、
    ラオス、レバノン、リビア、マダガスカル、マレーシア、ナイジェリア、
    パプアニューギニア、ウズベキスタン、ザンビア、ジンバブエ

プログラム

13:30 挨拶
          UNIDO東京事務所 所長 古谷毅
    川崎市長 福田紀彦
    三菱ふそうトラック・バス株式会社 会長 鈴木孝男
    メルセデス・ジャパン日本株式会社 代表取締役社長 上野金太郎
14:00 工場見学ツアー(組み立てライン)
15:40 名刺交換
16:00 終了