このページをシェアする

第2回テクノロジー・デー

第2回テクノロジー・デー

在京大使館の代表者達と、独自の環境・エネルギー技術の開発途上国・新興国への技術移転に力を注ぐ日本企業が、直接交流を行うブース・セミナー形式のイベント、テクノロジー・デー。在京大使館22カ国の代表者等35名が参加した同イベントは、今春に引き続き第2回目。前回同様会場となった国連大学のホールで、各国の大使および代表が、参加した12の企業のブースをくまなく訪れました。

ナイジェリアのモハンメド・ガナ・イサ大使は、今後各社と個別に早急に話し合いたい、と目を輝かせていた参加者の一人。「参加した企業の技術には、特に農村地区に有効な、環境にやさしく、コスト面でも努力が垣間見られる新しいアイディアが溢れている。我々としても、特に環境への配慮は、欠かす事ができません」と熱く語りました。一方、環境への取り組みと同様に重要なのが、各国に適した技術の移転。ウガンダ共和国のマイケル・カトゥンジェ参事官は、「ウガンダは湿度の高い国。温度管理が可能な物流といった技術などは非常に魅力的です。どの国も自国に合った技術を探しています」と語りました。

「来て驚きました。複数の日本企業と直接コミュニケーションを取る事ができる、貴重な場ですね」と話すのは、オマーン大使館、一等書記官のタラール・アルスィヤビ氏。「もっと多くの日本企業と、このように話ができる機会があるとありがたい。また同時に日本企業に、コスト面など海外におけるニーズを理解していただける機会にもなれば、と思う」と話しました。マリ共和国のカマラ マリエトゥ ジャラ一等参事官も、参加した12社すべてと話をしたと語った上で、「プラスチックの再生や医療廃棄物処理など、自国で課題となっているテーマに取り組む日本企業と話ができた事は大きな収穫」と述べ、次に各社と個別に話ができる事を楽しみにしている様子でした。

「色々な国の方がブースを訪ねていらっしゃいました」と語ったのは、ガラス発泡材を活用した応用技術の開発・販売を行う、鳥取再資源化研究所の佐藤重臣 国際事業部部長。「節水農業という、成果が見えるまでに時間を要する分野では、現地の代理店とのパートナーシップは不可欠。現地に工場を設置する事を、将来的には目指したい」と話しました。

医療系廃棄物焼却炉事業を展開する、テスナエナジー株式会社の近藤修一プロダクトマーケティングマネージャーは、「これまでODAの事業としてシエラレオネ、パキスタンで実績があります」とした上で、「そのままタダで捨ててしまえば良いと思われがちな、医療系廃棄物。それではいけない、という話をするところから仕事が始まります」と語り、「我々の技術は、最終的な医療系廃棄物処理のサイクルに至るまでのプロセスの一部に過ぎませんが、ニーズは確かにあります」と自信を見せました。

株式会社EiShinでは、パリ出身のエロディ・レンダ氏が、次から次へとブースを訪れる、各在京大使館代表者に話をしていました。紹介していたのは、エアフィルターにスプレーすることにより、エンジン内部に入っていく空気がよく燃えることで、燃焼効率が改善するという技術。「私自身も、環境に配慮した生活を心がけています」と語ったレンダ氏。すでに14カ国で導入されている同商品で、今後も市場の拡大を目指すと意欲を見せました。

幅広く日本の技術を理解した上で、かつ直接じっくりと話がしたいという思いを抱く各国の在京大使館の代表者たちに応えるように、各社の担当者たちが自社の技術を熱心に伝え、交流をはかった同イベント。両者の橋渡しを担うプラットホームともなるテクノロジー・デーは、今後さらなる内容および規模を拡大した上での開催を、という声が聞こえる中、無事に閉幕しました。

概要

日 時: 2017年11月1日(水)14:30~17:00
会 場: 国連大学本部 2階 レセプション・ホール
主 催: UNIDO東京事務所
来場者: 一般非公開(招待制)、入場無料
出展者: UNIDO環境技術データベース登録企業、出展無料
言 語: 英語

出展企業

株式会社鳥取再資源化研究所 http://www.t-rrl.jp/
株式会社トーテツ http://www.totetu.com/
株式会社フミン http://fumin.jp/
日本原料株式会社 http://genryo.co.jp/en/index/htm
株式会社國際館 http://www.unido.or.jp/en/technology_db/1715/
株式会社中山鉄工所 http://www.ncjpn.com/
株式会社伸光テクノス www.shinko-technos.co.jp/
株式会社EiShin http://eishin-e.jp/
日之出産業株式会社 www.hinodesangyo.com/
株式会社ステラ環境 http://stella-sec.jp/
ワイズグローバルビジョン株式会社 http://ysgv.jp/
テスナエナジー株式会社http://www.tesnaenergy.co.jp/