Print

リー・ヨン事務局長の日本公式訪問

2017.04.17

2017年4月10日~12日、リー・ヨンUNIDO事務局長が4度目となる日本公式訪問。滞在中に、日本政府との会談を実施しました。

2017年4月10日 - リー・ヨン事務局長はNEDO古川一夫理事長と会談。UNIDOが重視するエネルギー及び環境関連での技術協力活動における更なる連携への期待を表明しました。
    

    2017年4月10日 - リー・ヨン事務局長はJETRO石毛博行理事長と会談。アフリカにおける日本企業の活動に対するJETROの支援に対し感謝を述べました。
      

      2017年4月11日 - リー・ヨン事務局長は三原朝彦衆議院議員と会談。日本がUNIDOにとって最も重要なパートナーのひとつであることを強調した上で、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の実現におけるUNIDOの責務や、国連総会の決議によって「第3次アフリカ工業開発の10年IDDA III)2016-2025」の実行プログラムの開発がUNIDOに委ねられたことなどを説明しました。

      2017年4月11日 - リー・ヨン事務局長は富士通株式会社のショールーム“netCommunity”を訪問。人工知能やIoTに関する最先端の技術を視察しました。

      2017年4月11日 - リー・ヨン事務局長は財務省・浅川雅嗣財務官と会談。日本政府のUNIDOに対する長年の支援に謝意を表明しました。

        2017年4月11日 - リー・ヨン事務局長はUNIDOセミナー “Japan-UNIDO Multi-stakeholder Cooperation Dialogue”において基調講演を行いました。セミナーでは、UNIDOと日本の協力関係の紹介や、具体的な投資および技術移転の促進活動について有意義な議論がなされ、更なる連携を拡大するため、事務局長は出席者と意見を交わしました。
          
         
        2017年4月12日 - リー・ヨン事務局長は岸信夫外務副大臣と会談。UNIDOの目指す「包摂的かつ持続可能な産業開発」と日本のビジョンである「質の高い成長」を共に実現していくために、さらなる協力を進めることを確認しました。
          
         
        2017年4月12日 - リー・ヨン事務局長は、井原巧経済産業大臣政務官と会談。「低炭素・低排出クリーンエネルギー技術移転(LCET)プログラム」や小型地熱発電の実証プロジェクトに対する日本政府の拠出に謝意を表明しました。